深海鮫エキス:うみのちから(深海力)

黒猫モンド

またたび 失礼っ。ふたたび黒猫モンドです。

本物の深海鮫エキスを実感して下さい❢

今日は、深海鮫エキス のお話です。

鮫と言えば、映画のジョーズを思い浮かべる人がほとんどだと思うけど、
実際に人を襲う種類は限られています。
全部で約500種類いる鮫の中で人を襲うのは6種類だけです。

1.ホオジロザメ

映画ジョーズで有名になった鮫(最高で6mにもなります)

2.イタチザメ

何でも食べる気質で好奇心が強く集団で動く(平均体調は3m)

3.アオザメ

高級食材のフカヒレになる鮫(気性が激しく泳ぎが非常に速い)

4.ヨゴレ

鮫の中では最も危険で分布範囲が広い(遭遇したら命の保証はない)

5.オオメジロザメ かなり攻撃的で“浅瀬”を好む(体調4mの大型で川も上れてしまう)

6.シュモクザメ  最も見分けるのが容易、英名はハンマーシャーク(体調6m)

 

鮫の話はここまでにするとして、今や鮫と言えば「肝油」ですね?
皆さんも肝油ドロップって食べたことがあると思います。
学校給食で配られていた記憶のある方もいるでしょうが、今でも幼稚園では配られているようですよ。

肝油ドロップの肝油とは、サメやタラ、エイなどの肝臓に含まれる液体や抽出した脂肪分の事を言います。
肝油ドロップは戦後から用いられてきた栄養補助食品のひとつです。
年代や地域差はあるけれど、「懐かしい」という声が聞かれそうですね。
かく言う私(黒猫モンド)も懐かしいと言った一人、いや一匹です。
年がばれるって? レディには年を聞かないのが大人のルールですからね。(^-^;

いよいよお待ちかねの鮫の肝油をご紹介します。
この商品は最高品質の深海鮫エキスを、自然の状態のままカプセル化したものです。
ひとつの成分だけにとらわることなく、構成される全体の総合力を如何なく発揮させる、いわば東洋医学の精神である「一物全体」を大切にしたいんですって。
さあ、本物の深海鮫生肝油をお試しあれ。(^.^)


 深海鮫エキス「深海力・うみのちから」

深海力②

鮫は4億年以上前からその姿を変えず生き続けており、21世紀の海洋生物資源として 注目されています。 「深海鮫エキス・うみのちから」の原料であるアイザメは 水深400m以下の酸素や光のない深海に棲み、その生命力の秘密は肝臓にあると 言われています。実に全体重の30%を占め内臓の殆どが肝臓です。 その「生命力の塊 (かたまり)」であるアイザメの肝臓を熱処理することなく、 自然に近い形で抽出したものが「深海力・うみのちから」です。 その成分はスクアレン、スクワラン、 オメガ3脂肪酸をはじめとした各種栄養素が豊富に含まれています。

 

深海力④

※本品は食品です。1日に4-8粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がり下さい。

耳より!! 鮫の豆知識

古来より深海鮫の肝油は貴重品で、大切に受け継がれてきました。 鮫漁を行う家庭では昔から、塗って良し、飲んで良し と重宝されてきました。 最近は鮫の生命力に注目が集まり、医療の分野での研究が進んでいます。 肝臓からはスクアレン・スクアラミン、軟骨からはコンドロイチンが研究者の話題になっています。また、食用としてヨーロッパで燻製やステーキに、中国では高級料理のフカヒレとして珍重されています。なんと皮は高級バッグになっているんですよ。

 

商品にご興味のある方は、こちらのホームページへどうぞ。
URL http://www.s-s-shop.co.jp

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です